ペット同伴可…

 秋の行楽シーズンです。出かける前にペット連れでも利用できる施設を調べて計画を立てるのは楽しいですね。過日、ミニチュア・ダックスフントのジーナを連れてドライブに出かけました。訪れたロープウェイは「身体全体が隠れるペット用キャリーケースに入れていただくことでご利用いただけます」とのこと。ジーナもキャリーケースの中で大人しくしていてくれて、しばらくの「空中散歩」を楽しみました。

ジーナ、車酔い止め薬を飲んで越後丘陵公園へ行く

 ミニチュアダックスのジーナは車酔いをします。週末は広い公園へ連れて行って一緒に散歩したいのですが、そのためにはクルマに乗って出かけなければなりません。

 先日は「犬専用の車酔いの薬」を投与して出かけました。乗車の30分前に酔い止めの錠剤を飲ませ、長岡市の国設越後丘陵公園を目指しました。ジーナは助手席においたキャリーバッグの中で横になって寝ています。気持ち悪そうな様子も無く1時間ほどのドライブで丘陵公園に到着。この日は折しも「ペットマナーアップキャンペーン」中で、入場前に誓約書に署名。ペット連れなら公共の場でのマナーは守りたいですよね。園内に入ると秋の花コスモスが3分咲き、ニューギニアインパチェンスやバラも数多く咲いていました。ジーナと一緒に芝生広場を歩いて園内の丘に登り、トンボを追いかけたりして過ごしました。

犬の歯磨き。ジーナは人間用の歯ブラシ使っています

 愛犬・愛猫の口臭が気になりませんか?犬や猫はヒトと比べて虫歯は少ないですが、歯石の沈着とそれに伴う歯周病は多いのです。3歳以上の犬の8割が歯や歯ぐきのトラブルを抱えているとか…。歯石・歯周病の予防には歯磨きが良いのですが、いざ始めるとなると「動物用歯ブラシはどこで売っているの?」「歯磨きペーストはどれがいい?」とか少々悩みますよね。そして結局やらなくなってしまう…ならば「人間用の柔らかめの歯ブラシ」で「何もつけずに」歯をブラッシングするだけで良いのではないでしょうか。まず実践です。

 当院の8ヶ月齢のミニチュア・ダックスフントのジーナは「モノを噛むこと」が大好きですから、リラックスした時間帯に歯ブラシを見せるとすぐに興味を示して居間のクッションの上で横になって噛み始めます。私がブラシを持ちジーナが歯ブラシのヘッドを噛み始めた頃合いを見計らって「上の奥歯の外側」「下の犬歯」「奥歯の内側」とピンポイントでブラッシングしています。各所1〜2秒ぐらいでしょうか。当然大人しくなんて磨かせてくれませんが(笑)それでも「シュワシュワ〜」と言いながらスキを見つけてポイント毎に歯を磨いていると私も楽しい。コツは「あまり一生懸命磨かない」で嫌がったら止める、しばらくブラシを噛ませてからまたブラッシングすることでしょうか。ジーナも歯磨きを楽しんでいるようで今や歯ブラシを見せると喜んで足下にやってきます。スーパーで「システマがいい?」「こんどはビットウィーンかな」とジーナの歯ブラシを選ぶ楽しみが増えました。